包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - 体質的に包茎になりやすい

更新情報

体質的に包茎になりやすい


多くの日本人男性が抱えている身体的悩みと言えば、包茎が挙げられます。日本人は体質的に包茎になりやすいようです。
日本人の6割が包茎であるというショッキングなデータもあります。
包茎は、大きく2種類に分けることができます。
1つ目は真性包茎です。真性包茎とは、通常時はもちろんのこと勃起時でも、包皮が完全に亀頭を覆っている状態です。
自力で包皮を剥ければ良いのですが、包皮が長すぎるか包皮の入り口が狭すぎて剥くこともできません。
無理に剥くとカントン包茎になってしまう危険性があります。
2つ目は仮性包茎です。通常時は包皮が亀頭を覆っていますが、自力で包皮を剥いて亀頭を露出させることができます。
勃起時は自然に亀頭が露出したり、自力で包皮を剥くことができます。
真性包茎の場合は、手術をした方が治りが早く、おススメです。
自力で治す方法もあるのはありますが、時間がかかりますので根気が必要です。
仮性包茎の場合は、包皮を剥くとはかのうなので、手術は必ずしも必要ではありません。
改善するには、亀頭を長時間露出させる必要が出てきます。
普段から亀頭を剥いて、外気や外部との接触に慣れさせる必要があります。
普段は亀頭は包皮に覆われているため、外気にさらすと感度が高すぎて、痛みを伴う場合があります。
少しづつ包皮を剥いている時間を長くして、亀頭を慣らしていきましょう。
入浴時に、露出させた亀頭をお湯につけてみて、つけている時間を長くしていく方法がおススメです。
そうすると亀頭の皮が硬くなってきて、刺激に鈍感になり、長時間亀頭が露出していても平気になってきます。

治療は手術が一般的


多くの日本人男性を悩ましている身体的悩みと言えば包茎です。他人に相談できる悩みではないため、人知れず悩んでいる方が多いはずです。
包茎には3種類に大別できます。
1つ目は真性包茎です。真性包茎が一番重症です。
通常はもちろんのこと勃起時でも包皮が亀頭を覆っています。
自力で包皮を露出させようとしても包皮を剥くことができません。
早漏治療は手術が一般的です。
2つ目は仮性包茎です。通常時は包皮が亀頭を覆っていますが、自力で包皮を剥いて、亀頭を露出させることができます。勃起時は自然に包皮が剥けて亀頭が露出するか自力で包皮を剥くことができます。
特に治療は必要なく、自力で剥くことを繰り返したり、性行為を繰り返すうちに自然に治癒することが多いようです。
3つ目はカントン包茎です。カントン包茎だけは、国の法律で、病気と認定されています。
包茎は包皮が亀頭を覆っている状態ですが、生まれつき包皮の入り口が狭すぎて、亀頭を露出させられない方がいます。無理に亀頭を露出させようとすると、狭すぎる包皮が亀頭を圧迫してしまい、亀頭内の血行が悪くなってしまい、亀頭が壊死を起こしてしまう場合があります。包皮の入り口が狭い方は、無理に包皮を剥くことが避けた方が賢明です。
包茎は自力で治療が可能なものから、手術が必要なものまで様々です。
もし心配なようなら、病院で診察してもらうのが賢明です。
病院にもいろいろあって、泌尿器科など包茎治療の実績が多い専門医が望ましいので、インターネットなどで調べて行くと良いでしょう。

http://www.mens-chuoh.com/
包茎手術やAGA治療など男性の悩みを専門医が解決|中央クリニック
Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.