包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - 病院は慎重に選びましょう

病院は慎重に選びましょう

日本の男性が人知れず抱えている身体的な悩みと言えば、包茎が挙げられます。誰にでも相談できる種類の悩みではないため、困っている男性が多いはずです。
包茎には2種類あります。
1つ目は、仮性包茎です。通常は包皮が亀頭を覆っていても、勃起すると亀頭が自然に露出するか自力で包皮を剥いて露出させることができるタイプの包茎です。
2つ目は、真性包茎です。通常はもちろんのこと、勃起しても亀頭が隠れたままで、自力で露出させることも不可能な包茎です。自力で剥こうとしても、包皮が長すぎたり包皮の入り口が狭すぎて、亀頭を露出させることが困難な場合をカントン包茎とも言ったりします。
無理に露出させようとすると、包皮が亀頭を締め付けてしまい、亀頭が壊死することもあります。
真性包茎やカントン包茎の治療は、手術が必要になります。包皮を切除して縫合するのが、一般的な手術方法です。
陰茎というデリケートな場所にメスを入れるわけですから、いくつかの専門医の診断を受けて、病院選びは慎重に行いましょう。
包茎は手術すれば、現代医学で失敗することはありえませんが、医師の技術レベルによっては、トラブルが絶対にないとは言えませんので、病院は慎重に選びましょう。
手術をしないで自分で対処する方法もあります。
包皮の入り口を自分の指で引っ張って、徐々に広げる方法です。
1週間以上毎日続けると、軽いカントン包茎なら仮性包茎になる可能性があります。
ただし今季がいる対処方法なので、医師に相談してみるのも良いでしょう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.