包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - 泌尿器科などの専門医に相談してみることをおススメします

泌尿器科などの専門医に相談してみることをおススメします

多くの男性が悩んでいる包茎。何とかしたいと思いながら、他人に相談しづらい内容であるために、対応にお困りの方が多いと思います。
包茎は、2種類に大別されます。1つは真性包茎、もう1つは仮性包茎です。仮性包茎にもいろいろと種類があります。その1つがカントン包茎です。
カントン包茎は、包皮の出口の直径が狭いために起こります。通常時は、なんとか亀頭を露出させることができますが、勃起して亀頭が大きくなってしまうと、包皮の広がりが狭すぎて、亀頭が露出できない状態になってしまいます。もし無理やり包皮を広げて剥こうとすると、亀頭の直径のほうが広いわけですから、亀頭が締め付けられてしまいます。最悪の場合は、亀頭のうっ血した部分が、壊死を起こしてしまう場合があります。カントン包茎の見分け方は、勃起したときに包皮を剥くことが出来て亀頭が露出したとしても、亀頭が締め付けられたり、包皮が突っ張るような感覚があったら、カントン包茎の疑いがあります。
カントン包茎の場合は、早めに対処する必要があります。
症状がひどい場合は、手術が必要になってきます。しかし全てのカントン包茎で手術が必要なわけではなく、軽い場合は自力で直すことが可能です。自力で対処する方法は、包皮の直径を自分の指で、徐々に広げていきます。急に広げると痛みを伴い、ケガをしてしまう可能性があるので、徐々に広げていきます。1週間くらい続けると、包皮の直径が広がってきて、仮性包茎になっていきます。もし自力で対処するのが心配な方は、泌尿器科などの専門医に相談してみることをおススメします。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.