包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - 自力で治す方法がいくつかあります

自力で治す方法がいくつかあります

男性が人知れず頭を抱える身体的悩みと言えば、包茎が挙げられます。
他人に相談できるような悩みではないため、困っている男性が多いと思います。
包茎には、大きく分けて2種類あります。
1つは仮性包茎と言われているもので、通常は包皮が亀頭を覆っていますが、勃起すると亀頭が露出するか自分で包皮を捲って、簡単に亀頭を露出させることができます。
2つ目は真性包茎です。こちらの包茎はやっかいです。通常時はもちろんのこと、勃起時でも包皮が亀頭を覆っていて、包皮の入り口が狭いか包皮が長すぎて、捲ることができない包茎です。
無理して亀頭を露出させてしまうと、包皮が亀頭を締め付けてしまい、亀頭内がうっ血を起こし、亀頭が壊死ししてしまうこともあります。これをカントン包茎と言います。
自力で包皮が戻せたら、まだ良いですが、もし包皮が戻らない場合は、すぐに病院で処置してもらう必要があります。
包皮の入り口が狭すぎたり、包皮が長すぎる場合は手術する必要があります。
軽度のカントン包茎なら、自力で治す方法がいくつかあります。
包皮の入り口を指で、少しづつ引っ張るのです。徐々に包皮の入り口を広げていきます。短時間で良いので、毎日続けることが大切です。
1週間以上続けてください。徐々に包皮が広がって、カントン包茎から仮性包茎にすることは十分に可能です。
矯正器具を使う方法もあります。器具を使って、包皮の入り口を広げたままにしておくのです。器具を使うと、自分の指で広げる必要がないので、長時間広げておくことができます。
自分の好みに合わせて、対処方法を選ぶと良いでしょう。

関連記事:

Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.