包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - 男性としても恥ずかしいでしょう

男性としても恥ずかしいでしょう

包茎は、多くの日本人男性が人知れず悩んでいる身体的悩みの代表例でしょう。他人に簡単に相談できる悩みではないため、困っている方が多いと思います。
包茎に大きく分けて2種類あります。
多くの日本人男性を困らしているのは仮性包茎と呼ばれるものです。
陰茎の周りにある包皮と呼ばれる皮膚があります。
正常な陰茎だと、包皮が捲れて亀頭が露出している状態になっています。
しかし仮性包茎は、包皮が亀頭を完全に覆っているか一部を覆っている状態です。ただし自力で包皮を剥いて亀頭を露出させることができます。
勃起時では、包皮が自然に剥けるか自力で包皮を剥いて亀頭を露出させることができます。包茎としては症状が軽いタイプですが、デメリットもあります。
1つ目のデメリットは、外見が良くないことです。陰茎は言わずとしれた男らしさの象徴です。それが包皮を被ってしまっていては、自分に自信が持てないうえに女性に対しても恥ずかしい思いをしてしまうでしょう。
2つ目は、亀頭が汚れやすいことです。包皮が亀頭を覆っている状態が続くと、亀頭の先や亀頭の下部に恥垢と呼ばれる汚れが付着してきます。においもあり衛生的ではありません。しかし入浴時に包皮を剥いて洗っていれば、簡単に落ちます。
3つ目は、早漏になりやすいことです。普段から亀頭が隠れていると、外部との摩擦に晒されないので、感度が敏感になり、性行為ではすぐに写生してしまうのです。
女性に対しても申し訳ないですし、男性としても恥ずかしいでしょう。
そのためには、普段から包皮を剥いて亀頭を露出させて、外部との摩擦を多くしてあげることが大切です。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.