包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - 普段から包皮を剥く習慣をつけることです

普段から包皮を剥く習慣をつけることです

多くの日本人男性が悩んでいる身体的悩みと言えば、包茎が挙げられます。誰にでも相談できる悩みではないため、多くの方が人知れず困っているはずです。
包茎には大きく分けて2種類あります。
1つ目は真性包茎です。亀頭の周りにある長い皮膚を包皮と言いますが、その包皮が通常時に亀頭を完全に覆っているタイプの包茎です。包皮が長すぎるか包皮の入り口が狭すぎて、亀頭が露出しません。
勃起時でも、亀頭が露出することはなく、自力で包皮を剥くこともできません。治療は外科的手術が無難です。自力で包皮の入り口を広げて、徐々に伸ばす方法がありますが、時間がかかります。
2つ目は仮性包茎です。通常時は包皮が亀頭を覆っていますが、自力で包皮を捲って亀頭を露出させることができます。
勃起時は自然に包皮が剥けるか自力で簡単に亀頭を露出させることができます。
治療法は、手っ取り早く治したいのであれば、手術がおススメです。手術は包皮を切り取って、通常時でも亀頭が露出している状態を作り出します。
ただし亀頭を自力でも露出させることができるので、必ずしも手術が必要ではありません。あくまで見た目と手っ取り早さを追求した方法です。
自力で治すには、普段から包皮を剥く習慣をつけることです。
排尿時やマスターベーション時、入浴時に根気よく包皮を剥いていれば、自然と治る場合があります。
また矯正器具を使う方法もあります。
器具を装着して、普段から亀頭を露出させた状態を作り出します。
手を使う必要がないので、手間が省けておススメです。

関連記事:

Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.