包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - 泡で洗うようにすると痛みが少なくて済みます

泡で洗うようにすると痛みが少なくて済みます

多くの日本人男性が悩んでいる身体的悩みと言えば包茎です。誰かに相談できる悩みではないため、人知れず悩んでいる方が多いはずです。
包茎には2種類あります。1つ目は仮性包茎です。仮性包茎は、通常時亀頭は包皮に覆われています。しかし自力で包皮を剥いて亀頭を露出させることができます。
勃起時には自然に亀頭が露出するか自力で包皮を剥くことができるので、比較的軽症の包茎です。
2つ目は真性包茎です。真性包茎は厄介です。通常時はもちろんのこと勃起時でも、包皮は亀頭を覆っています。
自力で剥くこともできません。
亀頭が包皮を覆ったままだと、いくつかのデメリットが生じてきます
最大のデメリットは、恥垢というカスが溜まることです。
恥垢が溜まると、悪臭を放つだけでなく、細菌の宝庫なので、性病になったり、性交渉のさいに相手に移してしまう危険性もあります。
普段から亀頭に付着した恥垢を洗い流す必要があります。
包皮の中から温めのお湯を入れます。入れたお湯を出して、恥垢を洗い流します。何回か繰り返してください。
包皮を広げて、少しでも亀頭を露出させたら、石鹸水で亀頭を優しく洗います。石鹸を泡立てて、泡で洗うようにすると痛みが少なくて済みます。
包皮を指で広げる習慣を普段からつけて、包皮を剥く練習をしましょう。
亀頭が露出してきたら、その状態を維持して、下着をはきます。
最初は痛みを感じるかもしれませんが、慣れてくると亀頭が鈍感になり、皮も厚くなって、亀頭のサイズも大きくなり、だんだん仮性包茎になってきます。

関連記事:

Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.