包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - ほとんど痛みは感じないようです

ほとんど痛みは感じないようです

多くの男性を困らせている身体的コンプレックスと言えば包茎があります。友達に相談できる内容ではないため、人知れず苦しんでいる方が多いと思います。
包茎は大きく2種類に分けられます。
1つ目は仮性包茎と呼ばれています。仮性包茎は、通常は亀頭が包皮に覆われていて、露出していません。しかし自力で包皮を剥いて亀頭を露出させることができます。
勃起時は自然に亀頭が露出するか自力で包皮を剥くことができます。
2つ目は真性包茎です。真性包茎は、通常時はもちろんのこと勃起時でも包皮が亀頭を覆っています。自力で包皮を剥くことができません。
真性包茎は、場合によっては手術が必要になってきます。
一般的な術式は、亀頭直下埋没法と呼ばれる方法です。
包茎の原因は、狭すぎるか長すぎる包皮ですので、包皮の入り口を切開していきます。
切開する長さは勃起したした時の亀頭の外径に合わせていきます。
重症の場合は、包皮が亀頭に癒着していることがあるので、慎重に癒着を取り除いていきます。
その後余分の包皮を切り取って、縫合していきます。
最近は電気メスや術式の改良によって、傷口はほとんど分からなくなっているようです。
麻酔は陰茎に効けば良いので、部分麻酔で痛みを感じることはありません。
手術後に麻酔が切れても、ほとんど痛みは感じないようです。
まれに包皮を切り取りすぎるといったミスが報告されています。
再手術は可能ですが、切り取りすぎた包皮を元に戻すことはできないので、勃起時に違和感が残ります。そうならないためにも経験豊富な専門医にかかると良いでしょう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.