包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - 包皮が亀頭を包んでいます

包皮が亀頭を包んでいます

多くの男性が人知れず悩んでいる身体的悩みと言えば、包茎が挙げられます。
包茎は他人に相談できる悩みではないため、人知れず悩んでいる方が多いと思います。
包茎には2種類あります。1つは仮性包茎と言います。
普段は包皮が亀頭を覆っていますが、自力で包皮を剥いて、亀頭を露出させることができます。
勃起時には自然と亀頭が露出するか自力で包皮を剥いて、亀頭を露出させることができます。
真性包茎はやや大変です。普段はもちろんのこと勃起時でも、包皮が亀頭を包んでいます。自力で包皮を剥くことができません。
真性包茎を治すためには、包皮の狭すぎる入り口を徐々に広げていく作業が必要になります。入浴時などに包皮を広げる作業を短時間で良いので、毎日欠かさず実施して下さい。1週間以上続けると、徐々に包皮が広がってきて、亀頭が露出するようになってきます。
亀頭が露出するようになったとしても、普段包皮に覆われている亀頭は、敏感で刺激に弱く、すぐに痛みを感じてしまいます。
亀頭が露出したら、長時間亀頭を露出させておくことが必要になってきます。
亀頭を露出させたら、できるだけ長い時間亀頭を露出させておきます。
亀頭を露出させておくことに慣れてきたら、下着やパジャマを着ないで、下半身は裸で寝るようにします。布団やシーツからの刺激は比較的弱いので、徐々に慣らしていきます。
慣れてきたら、下着をつけて寝るようにします。下着の摩擦にも慣れてきたら、亀頭の皮が厚くなり、亀頭のサイズもアップしてきます。
亀頭が鈍感になってくると、包茎や早漏が改善されてきます。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.