包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - 包皮が亀頭を覆っています

包皮が亀頭を覆っています

多くの日本人男性が悩んでいる身体的悩みと言えば、包茎が挙げられます。
包茎には大きく分けて、2種類あります。
1つ目は仮性包茎です。仮性包茎とは、通常は亀頭を包皮が覆っていますが、自力で包皮を剥くことができます。
勃起時には、自然と包皮が剥けるか自力で包皮を剥くことができます。
2つ目は真性包茎です。仮性包茎より少しやっかいです。
通常時はもちろんのこと勃起時でも、包皮が亀頭を覆っています。自力で包皮を剥くこともできません。包皮の入り口が狭すぎることが原因であることが多いです。
真性包茎は、亀頭が包皮にずっと覆われているので、恥垢と呼ばれる汚れが溜まりやすい状態になっています。
匂いがあり、最近の温床になっていますので、炎症の原因になりますし、性行為時に相手に細菌が感染してしまうことにもなりかねません。
真性包茎の治療には、手術が必要な場合があります。
しかし軽度の場合は、自力で治すことが可能です。
包皮の入り口を少しづつ広げていきます。入浴時の皮膚が柔らかくなっている時がおススメです。
短時間で良いので、毎日少しづつ実行してください。
1週間以上続けていれば、徐々に包皮の入り口が広がってきて、亀頭が露出してきます。次第に仮性包茎の状態になってくる方が多いです。
包皮を広げるための矯正グッズも販売されています。指を使う手間が省けて、便利です。しかしいい加減な製品がありますので、購入の際は、口コミ情報を参考にすると良いでしょう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.