包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - 痛みが生じてケガをする可能性

痛みが生じてケガをする可能性

多くの男性が、人知れず悩んでいる身体的ストレスといえば包茎が挙げられます。どうしたら良いか対応にお困りの方が多いと思います。
包茎は、大きく2種類に分類できます。1つは真性包茎です。もう1つは仮性包茎です。仮性包茎にもいろいろと種類があります。その1つがカントン包茎です。
カントン包茎は、包皮の出口が狭すぎることが原因で起こります。普通は、亀頭をなんとか露出させることができますが、勃起して亀頭の直径が広がると、包皮の直径が狭すぎて、亀頭が露出できない状態になってしまいます。露出しないからといって、無理やり包皮を剥こうとすると、亀頭が包皮によって締め付けられてしまいます。締め付けがきつ過ぎると、亀頭の血行が悪くなり、壊死を起こすことがあります。カントン包茎を見分ける基準は、勃起時に包皮を剥いてみてください。亀頭が締め付けられたり、包皮が突っ張るような感覚があったら、カントン包茎の可能性があります。
カントン包茎の場合は、早めに対処する必要があります。
症状がひどい場合は、手術が必要になってきます。自力で対処する方法は、2つあります。1つ目は包皮の出口を自分の指で、徐々に広げる方法です。いきなり強く広げると、痛みが生じてケガをする可能性があるので、徐々に広げていきます。1週間以上続けると、包皮の出口が広がってきて、仮性包茎になっていきます。普段から、ペニスに触れるときは包皮を広げる習慣をつけると良いでしょう。2つ目は、矯正グッズを使う方法です。包皮の出口を少し広げた状態に固定しておく器具です。グッズを使うと、指を使わなくても、包皮を広げておけるので、負担が少ないです。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.