包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方

包茎治療の方法や直し方などを紹介しています。 - 亀頭を締め付けてしまいます

亀頭を締め付けてしまいます

日本人男性にとっての身体的悩みと言えば、包茎が挙げられます。実に日本人男性の6割が仮性包茎と言われています。
包茎には2種類あります。
1つ目は真性包茎と言います。通常はもちろん包皮が亀頭を覆っています。勃起したとしても亀頭が露出せず、自力で包皮を剥くこともできず、亀頭を露出させることができない包茎を言います。
2つ目は仮性包茎と言います。通常は包皮が亀頭を覆っています。しかし勃起すると亀頭が露出するか自力で包皮を剥くことができて、亀頭を露出させることができます。
勃起すれば、亀頭が露出するので、セックスには大きな支障をきたすことはありません。しかしふだんは亀頭が包皮の内側に隠れているので、亀頭が刺激に弱く、早漏の原因になると言われています。
性感が劣るとも言われています。
仮性包茎の最大のデメリットは、亀頭が不潔になってしまうことです。普段亀頭が隠れているので、恥垢が溜まりやすくなってしまうのです。
恥垢がたまると、細菌が繁殖して性病の危険性が高くなります。相手に菌を移してしまう可能性も高くなります。
しかし仮性包茎は自力で亀頭を露出させることが可能なので、普段から包皮を剥く習慣をつけておくと、自然に治ってしまうこともよくあります。
もし手っ取り早く治したいのであれば、手術をおススメします。
仮性包茎には、2種類あります。
1つ目は非絞約型といいます。包皮が長いだけで締りがないタイプです。
2つ目は絞約型といいます。締りがあり、無理に包皮を剥こうとすると、亀頭を締め付けてしまいます。カントン包茎と呼ばれることもあります。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 包茎の治療はどんな感じなのか?包茎の直し方 All Rights Reserved.